飲食店には店舗毎に専任の「食品衛生責任者」が必要です

飲食店を開店させるには店舗ごとに専任の食品衛生責任者が必要です。
調理師や栄養士の資格をお持ちならなれますが、お持ちでなければ食品衛生協会が行っている講習を修了すれば誰でも簡単になれます。
食品衛生協会は全国各地に支部がありますが、例えば大阪市で飲食店を開業する場合、大阪市で講習を受ける必要があるように思われますが、実際は全国どこの支部で受けても構いません。
ただし、各支部では店頭で掲げる「食品衛生責任者プレート」を販売しています。
東京都で講習を受けたら東京都の食品衛生責任者プレートになってしまい、他の地域で開店させる場合は若干の違和感があるので、気になる方は開店する地域の食品衛生協会で講習を受けることです。
気になる講習は1日で修了できます。
公衆衛生学を1時間、衛生法規を2時間、食品衛生学を3時間と計6時間の講習で、最後にテストがあります。
テストといっても合格・不合格を決めるものではなく、あくまで形式的なものです。
最後にこの資格は期限がなく更新はありませんが、自治体によって1~3年毎に定期的に講習を受けることが義務付けられていることが注意点です。

週末に最高の体験を

大阪 デリヘル バイト

デートクラブってなに?

遊べば遊ぶほど割引額アップ!

関連MENU

最新情報

食品衛生責任者になるには

食品衛生責任者とは、食品衛生上の管理運営に当たる者で、営業施設ごとに置くように各都道府県が条例で定め

今の食品衛生責任者について

食品衛生責任者は食品を清潔に衛星を責任者としていることです。
今の食品衛生責任者はどこでも実装

食品衛生責任者について

食品衛生責任者は、飲食店を開業するのに必要な資格です。
各店舗に1名以上資格保有者を選任し、保

日本の消費者に安心を与える衛生管理が重要

昨今、気温上昇とともに猛威を奮う病原菌による食中毒や、一般食品への異物混入など、多くのマスコミ、メデ

Copyright©食品衛生責任者 All Rights Reserved.

食品衛生責任者